相澤康夫さん積み木ライブ&講演会

相澤康夫さん積み木ライブ&講演会

「あそびのヒント」

〜子どものあそびと大人のかかわり〜

日 時:2009年10月18日(日)10:00〜11:30
    (開場9:30 販売12:00まで)
場 所:イエイエパークセントラル 5F 会議室
住 所:札幌市中央区宮の森3条1丁目4-1タイびる5階
参加費:2,000円(パークカード提示で500円引き)

静岡在住のおもちゃデザイナー相澤康夫さんをお招きして講演会を開催致します。相澤さんはご自身の子育ての中でも絵本や積み木、カードゲームなどと関わり続けてこられました。 今回は積み木のライブショーも交えながら、世界的にご活躍されている相澤さんのお話を聞けるチャンスです!みんなで楽しみましょう。(大人対象の子育て講演会です)

相澤康夫さんプロフィール
1955年静岡県生まれ。静岡のおもちゃ屋「百町森」店員で、おもちゃデザイナー、漫画家。スイスネフ社他でおもちゃが製品化されている。
著書に「好きッ!絵本とおもちゃの日々」 「まだ好き・・・続・絵本とおもちゃの日々」「おもちゃの王様」など。

百町森ホームページ⇒http://www.hyakuchomori.co.jp/
 
パークカード事前入会は⇒http://luna.tatara.to/ieie.htm

託児について 受付中!
●ヨーロッパの木のおもちゃで、ゆったりとお子さんと関わります。
●ひとり1500円  (保険代込)
●販売終了の12時00分までを託児時間とします。
●定員になり次第締め切ります。
●子連れ参加も可能です

注意事項
●遊びのコーナーは設置しません。 
●お子様連れの場合はママの近くでお願いします。
●会場内で飲食はできません。
●駐車場はありますが、台数に限りがあります。

パソコンからのお申込み
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P97486575

携帯からのお申込み
http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P97486575

| 子育て講演会 | 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
岩城敏之さん講演会レポート
 こんにちは。きくちです。


6月18日(木)に岩城敏之さん講演会を開催致しました。
早いもので岩城さんをお招きするのは3回目になります。「何度聞いてもおもしろい!」とリピーターの方が多いのが特徴です。

今回のテーマは「現代の子育てのコツ〜あとで困らないためのテレビゲームとの付き合い方〜」。
白老から子育て支援関係の方たちが研修として数名参加してくださったり、お子さんを託児して、おばあちゃんと一緒に、ご夫婦で、などたくさんの方が楽しくお話を聞いてくださいました。




「子育ては文化です。母性ではない。だから学ばなくてはいけないのに、学ぶチャンスがなくてつらいんです」というはじまりに大きくうなづく姿が見られました。


「子どもが言うことを聞いてくれるのは最初の10年。そこから寝てる時間、学校へ行っている時間、お風呂の時間などをひいたのがどういう中身か、その中身が子どもの育ちを決めます」とのこと。

確かにその通りで、子どもが成長するにしたがって自由な時間は減る一方。我が家の自由な時間はどのくらいで、そして今の過ごし方でいいのかな?と振りかえった方も多かったのではないでしょうか。

「世の中で幸せをゲットするにはみんなの胸を借りながら「ありがとう」「すみません」「お互い様」を育てないと。関係性を学んで微調整していくことが大切なんです。我が子だけ、自分の会社だけうまくいけばいい、というのは無理なんです。我が子と我が子のまわりを育ててあげないと。」には納得でした。


子どもたちが必要な感覚教育を奪っているのがテレビ・ビデオ。デジタルは便利だけど人工空間。1歩外に出たら思い通りにはならないんです。こんなに豊かな日本なのに、家族でトランプの七並べをした経験のない子が多いんです。

2002年に「ゲーム脳の恐怖」という本が出ました。これはもともとゲームの研究をして書かれた本ではあのません。脳の研究をしているうちに20代で認知症の症状が出ていて、なぜだろうと調べたらゲームを頻繁にしている、という関連性があったということです。ゲームをしている間は前頭前野は動いていません。


後半は研究データのお話も交え、みなさん更に真剣にメモをとっていました。講演会の内容、ぜひそれぞれのご家庭で、またお友達関係の中で生かしていってほしいと思います。

小樽のおもちゃ屋さん、「キンダーリープ」による岩城さんの著書の販売・おもちゃの販売も盛況でした。



講演会の間、ママに抱っこされてねんねしてる赤ちゃんもいましたが、託児で楽しく遊んでいるお子さんたちも。



ヨーロッパの木のおもちゃでゆったりと遊び、お子さんたちにもいい時間になっていました。

岩城さんは年に1〜2回札幌にいらっしゃいます。毎回お願いしているので、今回日程が合わなかった方もぜひまた聞きにきていただきたいなと思います。


以下は参加された方の感想です。( )内はお子さんの年齢と性別です。

*すごく楽しかったです!TVゲーム類はよくないんだろうなぁと思ってはいても、なぜよくないのか、じゃあ何が良いのかがはっきりわかりやすく聞くことができました!(9歳・男)

*参加できて本当によかったです。どのお話もとてもためになりました。出会えたことに感謝しています。(1歳・男)

*これからの成長の中でTVやゲームは必ず通る問題と思っていましたので、とても貴重な内容のお話だったと思います。子どもにももっと自然社会の中で遊ばせる大切さについても改めて考え直してみたいと思うきっかけになりました。(2歳・女/5歳・女)

*前回に続き今回もとても楽しくためになるひと時でした。現在4歳・1歳ふたりの男の子を育てています。今はテレビを一切見せていないのですが、もう少し頑張っていこうと思います。またお会いできるのを楽しみにしています。(4歳・男/1歳・男)
| 子育て講演会 | 15:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
岩城敏之さん講演会 まだまだ受付中!!

みなさまこんにちは。ながおかです。

イエイエパークで開催の岩城敏之さんの講演会が明日(6月18日)に迫ってまいりました!まだ参加申込み可能です。お申込みいただいても、当日直接来ていただいてもOKです。

託児は、定員になったのですが、本日キャンセルが出てしまいましたので、数名受け入れ可能です。ただ、お子さまの年齢によりますので、ご希望の方は、ご相談ください。

ぎゃはは!と笑っちゃうお話しなのに、しっかりためになります!!「あとで困らないための、テレビゲームとの上手な付き合い方」ぜひ、たくさんの方に聞いていただきたいです。お待ちしております。


(クリックで拡大します)

パソコンからのお申込み
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P97486575

携帯からのお申込み
http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P97486575

| 子育て講演会 | 02:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
岩城敏之さん講演会開催します!

こんにちは。きくちです。

6月18日(木)に宮の森のイエイエパークセントラルさんにて「岩城敏之さん講演会」を開催します。
毎回笑いあり、感動の涙ありの大人気の岩城さんのお話。今回のテーマは「現代の子育てのコツ」と題して、後で困らないためのテレビゲームとの上手な付き合い方、です。これは期待度大です!

京都へ講演依頼のお電話をさせていただいた時、今子育てするにあたって思うことなどをお伝えし、一緒にテーマを考えていただきました。お忙しい方なのですが、本当に丁寧に耳を傾けて聞いてくださり、電話を終えてあたたかな気持ちになりました。世代を超えてみんなで子育てしよう、という気持ちが通じ合った感じがしました。

私自身はじめて岩城さんにお会いしてから何度も講演を聞いています。何度聞いてもその時の自分の心にしっかり響きます。そしてどれだけほっと助けられたかわかりません。赤ちゃんには赤ちゃんの、小学生には小学生の子育ての課題があります。いつ聞いてもしっかりと心に届く、そんな講演会だと自信を持っておすすめできます。

みなさんはDSやテレビゲームについてどう思いますか?持っている、持っていない、まだ早い、時間を決めている、それぞれだと思います。いい悪いは別として、「どうかしこくつきあうか」が問われている時代だと私は思います。

我が家には小2、年中のふたりの男の子がいますが、今のところふたりとも存在は知っていても「欲しい」とは言わず、別に欲しくもないようです。前回の岩城さんのお話を聞いて、私が子どもたちに「脳は子どもの今が一番成長してるから、大人がもう背が伸びないように、子どもの今、よく考えたり工夫したりするのが大事なんだよ」と言ったのもあると思いますが、工夫して遊ぶことのほうが楽しいようです。

お友達がうちに来る時は「うちではゲームはしないでね」とはっきり言っています。せっかく一緒にいるのに画面を見ていては友達と遊ぶ意味がないと思うからです。大人になって判断力がついてからやるのと、今他に必要な体験がいっぱいあるのにゲームをして過ごすのとでは大きな違いがあると思います。とはいえお友達の家に行ったら(ここぞとばかり?!)しっかりやらせてもらっているようです。今のところはこれが"我が家のルール"といったところでしょうか。

岩城さんは何かを否定することなく、ユーモアを持って本当に大切なことを伝えてくれます。子育ての中で本当に必要な、心に響く学びを目指す私たちMother's Space Lunaにとって、岩城さんの講演会は原点とも言えるものです。ぜひひとりでも多くの方と一緒に「子育てのコツ」を共有したいと思っています。みなさんのご参加をお待ちしています。

講演会の詳細・お申込みは・・・。
Mother's Space Lunaのホームページ(←クリック!)の「子育て講演会」からご覧ください。

| 子育て講演会 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
青田さん講演会報告
 こんにちは。きくちです。

今日はちいさなえほんやひだまりの青田正徳さんの講演会でした。朝吹雪いていたのが時間になったらお天気になり、キャンセルがなかった上当日参加の方もいらっしゃって、思っていたより大勢で聞くことができてよかったです。

ご夫婦で参加されている方や、赤ちゃんを抱っこしてあやしながらメモをとっている方などみなさん熱心です。時々声を出したり、抱っこでゆらゆらされているかかちゃんをみんなで見守るようなあたたかい雰囲気の講演会でした。

青田さんは何冊もの絵本を読みながら、絵本の魅力についてお話してくださいました。絵本は絵と文を一緒に楽しむためのもの。お話を伝えるだけなら読まなくてもいい。聞いている人の心の中で仕上がってゆくものなのです、とのことでした。



作家さんのデッサン力・表現力・絵本の中から読み取れるその家族の価値観など、何気なくめくってしまうページの中にいくつものメッセージが込められていることに改めて気づかされます。

ページのめくり方、絵本を通して遊びがどんどん広がっていくこと、ご自身の子育てのお話、絵本の選び方。お話は尽きることがありません。



笑ったり、感動して泣いたり、あっという間の時間。終わったあと「短かったので、4時間でもよかったんじゃないですか?」と言う方もいました!

託児スタッフはいつものメンバー。安心してお任せです。



絵本の販売もありました。お子さんと一緒に選んだり、おいっこちゃんにプレゼントを選んでいる方もいましたよ。それぞれのお家で読み聞かせの時間が持たれるのかと思うとほんわか嬉しくなります。



身近な絵本の奥深さにみなさん大きな発見があったのではないでしょうか。私は3回目でしたが、改めて絵本のよさに気づかされました。やっぱり青田さんのお話はいいです!


以下は参加された方の感想です。

絵本の奥深さを知ることが出来て感動しました。娘との絵本タイムをもっともっと大切にしたいと思います(Fさん)

とっても楽しくお話聞かせていただきました。今まではただ読んであげていたので、自分でも楽しく絵本の世界に入っていこうと思います。(Yさん)

色々な絵本を本当に絵本好きな情熱を持って紹介してもらえて、とても楽しかったです。絵本選びの参考になりました。最後に読んでくれた「きつねのおきゃくさま」に聞き入り、ラストでは涙ぐんでしまいました。娘は6ヶ月ですが、これからいい絵本をたくさん与えてあげたいと思います。ありがとうございました。(Oさん)

すごくためになりました。参加してよかったです。本を読むことにこだわらずに楽しんで絵本の時間をとりたいと思います。(Hさん)

既に持っている本も、青田さんのアドバイスで、もっとすてきなものになると思いました。ゆっくりお話をきくことができてよかったです。(Hさん)


次回の子育て講演会は6月に予定しています。笑いの中に大切なことがちりばめられていて、大変人気のある京都のおもちゃ屋さん岩城敏之さんをお招きします。ぜひまた楽しく学びあい、子どもたちとの時間をいいものにしていきましょう。

| 子育て講演会 | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
3/12青田さん絵本講演会・託児も含め当日受付OKです! 
こんにちは。きくちです。
 明日はちいさなえほんや「ひだまり」の青田正徳さんの講演会です。


日時 3月12日(木) 10:00〜12:00
場所 ちえりあ3階研修室
参加費 1500円 (家族ペア2500円〜家族二人でのお申し込みは割引〜)
託児  1500円
終了後絵本の販売もあります。


ふたりの子どもたちが小さい時に何度か聞いた青田さんの講演会。もしあのとき青田さんに出会っていなかったらきっと今子どもたちに続けている読み聞かせの時間は違ったものになっていただろうと思います。それだけ印象深く、絵本ってこんなに魅力に溢れたものなんだという心に響くものがありました。

絵本は身近なだけに「うちでも読んでいるし、わざわざ話を聞かなくても」と思ってしまいがちですが、改めて学んでみるとその深さに驚きます。

私が読み聞かせを続けていられるのも母が忙しい中時間を作ってくれ、読んでくれたからだと思います。表紙を見ると絵本の中の絵、言葉がありありと思い出されます。自分も子どもたちにそんな時間や作家さんの美しい絵・思い・大人として伝えたいことをちゃんと伝えていきたいと思っています。

子どもの時、母が絵本作家かこさとしさんの講演会に参加したことがありました。その時してもらった託児が楽しかった!(東京・青山のクレヨンハウスでした)終わったあとたくさん並んでいる絵本の中から選ばせてくれて1冊買ってもらったのが嬉しかった。

今、私がしている活動の原点には「自分が子どもの時嬉しかった」があるのです。そんな時間をお子さんにぜひプレゼントしてあげてほしい。

ママが何か楽しそうに参加しているのを、ちょっと素敵なものに触れているのを、子どもたちは空気で感じているんだろうな、それはパン教室をしていても他のイベントをしていても感じます。それが子どもたちに身近な絵本で、いろんな絵本が並んでいたら、もっと喜ぶんじゃないかな。


青田さんは絵本に対する知識と情熱、愛情に溢れ、子どものする遊びのひとつひとつに感動し、子どもたちから学んでいる方です。パソコンはほとんどされず、人と人との関わりを大切に考えています。

年間数多くの講演会をされている、そのひとつひとつにしっかりと準備をされています。そんな青田さんが私たちの趣旨に賛同してくださって(普段は新作などについてお話することもあるのですが)今回はロングセラーを中心に「絵本とは何か」を本当に基本から伝えてくださいます。私もとても楽しみにしています。

前回の岩城敏之さんの講演会の時もそうだったのですが、当日お話を聞いてみるとすごく感動して、「どうしてもっとたくさんみなさんにお知らせしなかったんだろう!!」と思います。(ちなみに参加してくださったママたちも「もっとお友達誘えばよかった〜」と言うんです)

なので今回は前日ですがブログでお知らせします。講演会・託児とも当日受付OKにします。明日お時間ある方、ぜひちえりあにお話聞きにきませんか?「来てよかった」と言っていただけるのではないかなと思います。

青田さんって聞いたことあるけど実際講演会に行ったことがない、行ったことあるからまた行きたい、今知ったけど興味あるというみなさん、明日のご予定はいかがですか?

青田さんについて詳しくはHPの新設コーナー「子どもたちへの贈り物」
にインタビューの様子が掲載してあります。お店の写真も見れますよ。

Mother's Space Luna HP
http://luna.tatara.to/

明日はひとりでも多くの方に参加していただきたいなと思ってます。
子どもコーナーの設置はしませんが、子連れ参加でもOKです!

| 子育て講演会 | 13:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
子どもたちへの贈りもの

 Mother's Space Lunaはもうすぐ3年が経とうとしています。

今ほどミクシイが盛んではなかった6年前、ながおかが立ち上げたインターネットのママサークルで現在活動しているきくち&ながおかは出会いました。子どもたちを寝かせてからメンバーそれぞれがパソコンを立ち上げてチャットをしたり、区ごとにオフ会をしたり、何もなくても集まっておしゃべりしたり、そんなママサークルのスタッフとして活動する中だんだんとLunaとしての活動に移行していきました。

現在のカルチャー教室のヨガも英語もその頃から続けてきたものです。ヨガは子連れヨガだったのですが、自分が子どもたちに乗っかられながらポーズをとるうちに「託児付きだったらな〜」と新しく立ち上げました。今も「こんなのがあったらいいな」を基準にどんどん実行しています。

私の長男が生まれた7年前は、スリングをしている人はほとんどいませんでした。アメリカの「シアーズ博士のベビーブック」という厚い本に赤ちゃんと密着して子育てしましょう、そのためにスリングはいいですよ、という部分を見つけ、かなり探して手に入れました。本当に珍しかったため、道行くおばちゃんに「かわいそうに」とか「大丈夫なの?背骨は?」とかよく注意されました。

ベビーマッサージも自分で探して電話して、電車を乗り継いで助産院で教えてもらいました。あの日から7年、いいものはいつまで経ってもいいんだな、と思います。たった数年だけど、今は本当にたくさんの情報が手に入るようになりました。託児付きのものもずいぶん増えたと思います。

でも、だからこそ手に入りにくくなったものもあるように思います。私たちもいろいろなイベントを企画していますが、楽しいイベント、その日だけで終わってほしくないなといつもいつも思っています。母対象のイベントをを「リラックス」ではなく「セルフケア」にしたのは癒されてよかったね、ではなく、自分をケアしてまた子どものいる日常に戻ってほしいから。日常こそ大切、イベントに目を曇らされないように、とはイベントを企画しながらいつも気をつけていることです。

たくさんの情報が溢れる今、「本当に大切なことは何なのか」と考えることすらなくなっているのかもしれません。次世代の子どもたちに生きる力を身につけてほしい、本物の魅力を手渡して感性を磨いてほしい、そんな願いをなんとかかたちにできないかと考えました。

そこで、子どもの文化に関わっている先輩にお話を聞き、まずは自分たち親が学ぼう、というインタビューページをはじめることにしました。題して「子どもたちへの贈りもの」。

今子どもたちの身のまわりにあるおもちゃや絵本はどんなものですか?キャラクターや子どものよろこぶおもちゃは、それが必ずしも子ども自身のためになるとは限りません。親として「何がこの子にとっていいものなのか」選ぶ目を持てるように、かたよることのないように、一緒に学んでいきましょう。

子どもを見つめ、子どもに学び、時代が変わっても変わらないものを知っている、子育てや人生の先輩のお話を楽しく聞いてきます!

第1回は手稲区にある「ちいさなえほんや ひだまり」の青田正徳さんです。私自身子どもが小さい時に出会えてよかった方のうちのひとりです。その感動をぜひみなさんにもお伝えしたいと思っています。

子どもたちへの贈りもの⇒こちら

青田さん講演会⇒こちら

| 子育て講演会 | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
岩城敏之さん講演会終了しました!

 岩城敏之さん講演会が、10月31日にイエイエパークで行われました。
写真はフォトグラファーkaz(little plus)さんの撮影です。




Lunaスタッフはすっかり忘れていましたが、10月31日はハロウィンだよ?!と仮装グッズをもってきてくれた、当日のヘルプスタッフ中島さんのはからいで(?)、スタッフだけでなく、キンダーリープの杉本店長や岩城さんまでもが、かわいい姿に(笑



講演会開催前には、岩城さんから直々のミニゲーム大会が開かれ、ママたちが白熱する場面も。子どものゲームとあなどるなかれ、大人も十分楽しめます。



おもちゃやゲーム、岩城敏之さん翻訳の絵本や著書も販売され、たくさんの方にお買い上げいただき、おうちに一緒に連れて帰ってもらえました お子さんと一緒に遊んだり、絵本を読んであげたり、ママが読んで子育てのヒントにしたりと、皆さんのおうちで活躍しているのかな?と思うとうれしくなります。



さぁ、講演会が始まりましたよ。
岩城敏之さんの講演会は、いつも笑いが絶えません。
「おもちゃ=あそぶ+道具」そして、あそびは自立する力を育むこと。
ママも子ども「よく聞いて、よく見て、よく真似をする」ことが大事。
「たくさんの人の胸を借りて育てましょう」「ひとりで頑張らなくてもいいんだよ」や
わたしたちは人材を育成している。生まれてきたことを喜べる、そんな人材を育てましょう。などなどたくさんのことを教えていただきました。



ほとんどの参加者の方が託児をご利用くださいました。
おもちゃはもちろん、小麦粉粘土、折り紙などで遊んだあとは、おやつを食べて楽しい時間を過ごしていましたよ。また託児利用の皆様には、お子様の託児の様子をwebアルバムにてプレゼントさせていただきました。

帰り際、「また来年〜」と岩城さん。
来年はもっとたくさんの方に、岩城さんのお話しを聞いてもらいたい!!とLunaスタッフは決意を新たにしました。今回こられた方はもちろん、一度も聞いたことのないかたも、ぜひ来年は岩城さんのお話しを聞きにきてくださいね。


参加された方から感想をいただきました
今日は岩城敏之さんの講演会とても楽しく参加させていただきました!
これからの子育てがもっと楽しめそうな気持ちになりました。
託児をしていただいた娘も迎えに行くと楽しかったぁと言って「粘土したよ!」とか「ママゴトでたまねぎチョキンした」とか「お星さまのせんべ食べたの」とたくさん教えてくれました。
初託児で私も不安でしたが泣かずに楽しく過ごせたようで託児のスタッフさんにも感謝の気持ちでいっぱいです。
長岡様もお疲れ様でした。他のスタッフの方にもよろしくお伝えください。
娘を預け不安な気持ちでいるとき一人のスタッフの方から優しいことばをいただきホッとできました。
こちらの方の名前がわかりませんがちょっとした声かけが素敵な方でした。
本当に暖かい気持ちになれる講演会に参加することができとてもよかったです!ありがとうございました。(一宮 友紀さん)

| 子育て講演会 | 02:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【10月31日】 岩城敏之さん講演会開催決定!!
〜岩城敏之さん講演会〜
笑って 学んで 楽しんで
「おもちゃの底力!!」


日 時:2008年10月31日(金)10:00〜11:30(開場9:30)
 (著書・おもちゃ販売12:00まで)
場 所:イエイエパークセントラル
(札幌市中央区宮の森3条1丁目4-1タイびる5階)
参加費 1,500円
定 員 80名
お申込みはこちら


※ご好評につき託児は定員となりました。
子連れ参加、キャンセル待ちも可能です


〜ごあいさつ〜
たくさんのおもちゃがあふれる今、よいおもちゃについて楽しく学んでみませんか?成長・発達を助けたり、家族やお友達とのコミュニケーションになる、大人も思わず夢中になってしまう、そんなおもちゃがたくさんあります。まずは岩城さんの講演会でたっぷり笑いながら大人が楽しみましょう!みなさんのご参加をお待ちしています。

ムード岩城敏之さんプロフィール
京都にある絵本と木のおもちゃ専門店『キッズいわき ぱふ』代表。
子育てやおもちゃに関する書籍を多数出版。全国で子供の遊びの環境、玩具・絵本についての講演をされています。
著書に「かしこいおもちゃの選び方」「子育てのコツ」など。
キッズいわき ぱふホームページ
http://www.kidspuff.com/

赤ちゃん託児について※ご好評につき託児は定員となりました。
●ヨーロッパの木のおもちゃで、ゆったりとお子さんと関わります。
●「リトルプラス」のフォトグラファーkazさんが「ママのいない時のお子さんの表情」を撮影します。(撮影した写真は Webアルバムでプレゼント!)
●ひとり1500円  2人目から1000円  (保険・おやつ・撮影代込)
●販売終了の12時までを託児時間とします。

赤い旗注意事項
*遊びのコーナーは設置しません。
お子様連れの場合はママの近くでお願いします。
*会場内で飲食はできません。

Special Thanks to...

赤りんごキンダーリープ
小樽のおもちゃ屋さんが岩城さんの著書・おすすめのおもちゃ・ボードゲーム・カードゲームの販売をします。

赤りんごリトルプラス
親子の自然な表情の撮影で話題のフォトグラァーkazさん。人気上昇中の「感動フォト」は要チェック!当日は親子フォトの見本アルバムを展示します。

赤りんごイエイエパーク
住宅の情報が一堂に集まってます。会員(無料)になると更に特典がいっぱい。
*当日会員になる方には500円の図書カードをプレゼントします。

お申込みは、こちらのフォーム からお願いいたします。
お問い合わせ:011-640-3950(菊地)
| 子育て講演会 | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
講演会のチラシです。
岩城敏之さん、講演会のチラシをやっとアップできました。



クリックで拡大表示されます。
拡大表示後、もう一度チラシをクリックすると、100%で見ることができます。
| 子育て講演会 | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH