<< チャイルドマッサージ講座 レポート | main | 子どもと楽しむパン教室 >>
もうすぐ相澤康夫さん講演会 〜我が家のおもちゃの歴史〜
 こんにちは。きくちです。
静岡のおもちゃデザイナー相澤康夫さんの講演会がいよいよ来週に迫りました!



東京で8年間保育園に勤めた後に退職し、札幌に引っ越してきてスイスネフ社の積み木の美しさに感動しておもちゃコンサルタントを取得した私は、相澤康夫さんには大きな影響を受けています。写真は2004年に札幌にいらっしゃったときの積み木ショーです。この積み木こそが私がおもちゃコンサルタントになるきっかけとなった「アングーラ」です。

相澤さんはご自身が積み木をデザインし、製品化されているだけでなく、漫画家でもあり、おもちゃ店「百町森」の店員さんでもあります。いつか行ってみたい、と思い続けて静岡まで行った時の写真です。所狭しとおもちゃが並んでいて本当にわくわくします。



これは百町森内にある遊びコーナーです。1日中遊べそう!



相澤さんが「乳幼児のおもちゃの王様」と呼んでいる(私ももちろんそう思います)「プラステン」、実は
アングーラとの出会いの前に東京在住時代の長男1歳の誕生日に購入していました。



札幌に引っ越してきてからもいつも身近にありました。子どもたちが小さかったときには毎日毎日プラステンを拾い集めていた記憶があります。(今はラキューを拾う毎日です)



はじめは抜くことしかできなかったのがある日棒に挿せるようになり、ひも通しができるようになり、色がわかるようになり、ままごとをするようになり、組み合わせて遊ぶようになり、「こんなこともできるようになったんだ!」とひとつのおもちゃを通して子どもの成長と発達が目に見えてわかりました。

写真はネフの積み木「リグノ」。一番上は4個セットでひも通しもできる「シグナ」です。
はじめは壊す専門だった積み木も3歳になり、ちょっと不安げに、でも積むことにチャレンジするようになりました。



もうすぐ4歳の頃。自分でやりたい時期ですね。



工夫して積むこともできるようになってきました。「やったー。できた。見て見て」。その時「すごいね」と
共感してあげることで子どもの心が育ちます。



弟が生まれ、一緒に楽しめるようになりました。(なにも机の上じゃなくてもいいと思いますが・・)



積むだけでなくいろんな遊びに発展していきます。ネフスピールは1958年発売の作品。さすが子どもの心を捉えます。



この頃になるとあのプラステンもある日机の上にこんなふうに積まれていたりしました。



そしてサンタさんのプレゼントによりアングーラもやってきました。



相澤さんの「定番おもちゃ」の視点、それは以下の4つです。(「著書「おもちゃの王様」より)

1.一定の期間、製造販売され続けている。
2.奇をてらわず、シンプルである。
3.子どもに媚びない、馬鹿にもしない。
4.子どもの発達をふまえている。

とはいえもちろん「いいおもちゃ」は高くないものも、木ばかりでも、外国のものばかりでもないですよ!
むずかしいことは抜きにしても楽しい時間になると思います。

私は前日17日(土)にキンダーリープさんでの相澤さんライブにも参加します。
何度聞いても新しい発見がありそうです。

相澤さんの著書「おもちゃの王様」のあとがきにTVゲームについて書いてある部分があります。当時大学生・高校生・中学生だった3人のお子さんがTVゲームをほしがりもやりたがりもしなかった、そして講演会場でそう話をするとみなさんびっくりするけれど、「だって、もっとおもしろいおもちゃが、いっぱいいっぱいあるじゃん」と思う、と書いてあります。

世の中のトレンドが何であろうと「こんなおもしろいおもちゃがあるんだよ」と紹介し続けたい、と続いています。私はこの部分にずっと励まされてきました。そして今小学校でみんながDSを持っている中、
うちの子たちも欲しがったりはしていません。だってほんとにもっとおもしろいおもちゃがいっぱいあるからです!

木のおもちゃは高い、といわれがちですが、1歳の誕生日にプレゼントしたプラステン、もうすぐ8歳ですがまだ現役です。(孫にも遊ばせる予定なので先も長いです)

今回のライブ&講演会は普段お仕事をされている方でも参加できるようにあえて日曜日にしました。
また、会場のイエイエパークさんはパークカード(入会無料)提示でフリードリンク、住宅の図書の貸し出しなどもしており、パーク内に遊びコーナーがあるので住宅を検討されているご家庭の方はパパと子どもたちに楽しく待っていてもらうこともできると思います。

イエイエパークセントラル
http://www.ieie.co.jp/

幼児・小学生のお子様には積み木コーナーを設置します。一緒に前半のライブショーを見たあと、ママたちが講演会を聞いている間自分でやってみるのもいいかもしれません。ネフの積み木は普段から託児でも幼児さんや小学生に大人気。「これやってみたい!」という意欲を育てます。相澤さんのようにできるかな?



終了後は小樽のおもちゃ店キンダーリープさんによる相澤さんのご著書やおもちゃの販売があります。

普段は毎日の生活で手一杯な子育て世代ですが、こうしてお話を聞くことで新しい見方ができるようになります。わたしも子どもが小さい時、たくさん講演会に参加してきました。日曜日ですがぜひお時間作って遊びに来てくださいね。

詳細・お申し込みはHPから。

http://luna.tatara.to/

当日参加でもOKです!


| 子育て講演会 | 16:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH