3月の赤ちゃん木育広場・木育寺子屋
 こんにちは。ミーナです。

去年木育マイスターに認定されたので、はじめて北海道所有の木育おもちゃを道庁に借りに行きました。

北海道に引っ越してきて10年、はじめて道庁に入りました。たくさん人がいるというのに、シーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!と、お仕事されていて、絶対にここでは働けないと思いました。(頼まれないと思いますが。)行ったのは本庁でしたが、素敵なので写真は赤レンガ。



今回は机の上に木育おもちゃを並べて皆さんをお待ちしました。

木育とは?、シンプルなおもちゃのよいところ、それぞれのおもちゃがどんな作家さんがどんな思いで作っているか、おもちゃを買うタイミング、おもちゃ選びの基準、などなどお話したあとは遊びタイム。



後半はドイツのカラフルなおもちゃで遊びました。いつも遊びきれないくらい出してしまって、親子ともに興奮状態にさせてしまいます・・・。

「この箱からおもちゃが出てくるらしい?!」と気づいた男の子、急に動きが機敏になって、ついには子の中に足をつっこんでました!木育おもちゃは積み木が多くてちょっとむずかしかったのか静かだったのが、急に動きと表情がよくなったので、ママさんもまわりのみんなもびっくり。「年齢に合ったおもちゃってやっぱりおもしろくて、表情が違うんだな〜」、と実感したのでした。



0歳の時から来てくれていたのが、もう2歳になった女の子。とってもお姉さんに見えました!普段からおもちゃや絵本に関心のあるママさんだけに、娘ちゃんも遊び方が上手です。いろんなおもちゃに興味を持って、自分からしっかり関わっていきます。

そんな様子を0歳の一人目の赤ちゃんを抱っこしたママさんたちが「もうすぐこうなるのね〜」と見ています。「出会いと学びのサロン」をやりたいといつも思っているので、こうして自然なかたちでできることがとっても嬉しいです。



おやつは春らしくシュークリームからいちごがのぞいていました。ラトリエ・ボンデュースさんのお菓子はいつも季節感があり、上品な味わいで、食べることの幸せを感じさせてくれます。



子連れ可のお菓子教室をされているんですよ、とお話すると、「先日行きました」という声も増えてきました!嬉しいです。HOCORUのハーブティーも根強い人気。自然な甘さにほっとします。


 <参加された方の感想です>

色々なおもちゃで遊べ、知ることができてとてもよかった。子どもに今までなんとなく与えていたおもちゃ選びの参考になりました。(8ヶ月・男の子のママ)

次回の赤ちゃん木育広場・木育寺子屋は4月23日(月)です。タイミングの合う方はぜひ一緒に遊びましょう。4月は北海道グッド・トイ委員会所有の木育おもちゃで遊びます。


<詳細はこちら>                
http://happymina.com/living.html#mokuiku 

<パソコンからのお申込みはこちら>    
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P60380809

<携帯・スマホからのお申込みはこちら> 
http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P60380809


※パソコン用フォームに携帯からお申込みをしますと、詳細の返信メールが届きませんのでご注意ください。
| 赤ちゃん木育広場・木育寺子屋 | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
木育マイスター研修@登別
 こんにちは。ミーナです。

10/30(日)、31(月)に宿泊で木育マイスター研修に参加してきました。全道からメンバーが集まっているため、スタートは午後からでしたが、希望者には午前も講座を設定するとのことで、もちろん早起きして参加しました。登別までの運転はちょっと不安だったので電車で。ちょっとした旅行気分です。



会場となったのは登別ネイチャーセンターの「ふぉれすと鉱山」。これがまた駅からすごく遠い。「来たい人だけ来れる」場所だと講座で聞きましたが、確かにこんなに遠くてもまた来たくなるような魅力に溢れた場所でした。廃校になった小学校を利用し、増築してして、宿泊もできるとっても素敵な場所でした。

研修は外も多い。「まず外に出てみましょう」がしょっちゅうです。今回は「成長錐(せいちょうすい)」という道具を使って木の樹齢をはかりました。輪切りにすれば年輪で数えられますが、そのままはかるための道具です。

木にT字型の成長錐をぐいぐいと入れ込んで、



貫通直前で止めて、中から木のかけらをそーっとひっぱると・・・・



どんどん出てきます。



この小さな区切れ目の数を数えると、木の樹齢というわけです。



世の中にはいろんな道具があるものですね~。

さて、次はひもを使って床を区切り、この中に何種類の植物があるかを発見します。うーん、簡単に見えてなかなかいろんなもの生えてたり落ちてたりするものです。



途中こんなかわいい実を見つけました。(しかし、くさいのです)



次は木の高さをはかります。この機械、木から何メートルも離れて使います。計算式とか・・・・ちょっと苦手でした・・・・・・・・・・。



外のログハウスは地元のボランティアの方たちが作っているそうです。当日も作業していました。こちらはなんと子どもたちが作ったそうです。



さて、ここからはふぉれすと鉱山室内です。図書室は以前の学校の雰囲気が残っています。



廊下にたくさん動物の皮が展示されてました~。こーわーかーったー。道路でひかれちゃったりした動物たちだそうです。



夕方からは木工の時間。ひげ工房のみなさんが指導してくださいました。4つの中から選べたので、私はフォーク作りにしました。板をフォークの形にのこぎりで切って、ナイフで削りだすという非常に原始的な作業。左は板のまま、右は削ったもの。なかなか思うようにいかな~い。



ここまでで初日のプログラムは終了。長い1日でした。夜は懇親会。建築家の方、林業の方、認定こども園の先生など本当にいろんな人が集まっていました。

翌朝。もちろんまた外です。「もみじ」がテーマではっぱをひろって班ごとに作品をつくりました。はっぱ図鑑作りです。それぞれに個性が出ていておもしろい!私の班はこれ。



あとの3班はこんな感じでした。







あと1回研修したら木育マイスター研修全て終了です。あとは北海道からの認定証が届くを待つばかり。

今回はたくさんの出会いと発見がありました。北海道で暮らすことを大人も子どもも誇りに思えるような、自然とのつながりを今後具体的に伝えていけるような木育マイスターになりたいと思います!
| 赤ちゃん木育広場・木育寺子屋 | 13:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
赤ちゃん木育広場・木育寺子屋
 こんにちは。ミーナです。自宅サロンがなかなかできずにいましたが、少人数でわいわいと楽しむのもとっても大切なので、大好きなおもちゃで「赤ちゃん木育広場・木育寺子屋」を開催しました。

木育、といってもついつい海外の素敵なおもちゃも紹介したくなって、贅沢にいろんなおもちゃが登場しています。積んでいる青い積み木はスイスのネフ社の「セラ」です。去年サンタさんが長男に持ってきてくれました。

小さな子にも大きな子にもそれぞれに魅力ある積み木です。



今回人気があったのは「トロフルックス」。らせんのしくみを使っていて、永遠にまわり続けて不思議です。

奥の女の子が使っているのは銭函のおもちゃ作家さん、運野さんのコロコロ。歩き始めにぴったりです。こうしていろんなおもちゃが混在してしまうので、次回から木育だけではなくてやっぱり「グッド・トイカフェ」にして、思う存分遊ぼうかな。もちろんその中には木育おもちゃもたっぷり入れます。



そもそもおもちゃを種類わけしていたことが無理があったのかな、と思う最近。木育マイスターの研修を全て終えて、ちょっぴり視野が広がったこととも関係あるかもしれません。

さて、この日のおやつはラトリエ・ボン・デュースさんのモンブラン。HOCORUのハーブティーと合わせて大人の味を堪能しました。



子どもたちがあついハーブティーを触らないようにダイニングテーブルに移動したのですが、全員ダイニングテーブルについた、というだけになって同じでした!

テーブルの高さにちょこんの顔が出る、この背の高さがかわいいですね。


 <参加された方の感想です>

ミーナさんにはじめてお会いしましたが、人もサロンも素敵でした。北海道にもたくさんの木のおもちゃがあることを初めて知れてよかったです。

子どもが楽しそうに遊んでくれているのを見て私も楽しみました。「木育」という言葉をはじめて知りましたが、木のおもちゃを触っているだけで落ち着けたり、優しい気持ちになれることを体感出来、今日は参加してためになるお話が聞けてよかったです。


次回の自宅サロンのおもちゃ講座はクリスマスおもちゃ講座です。

クリスマスが近いので、お子さんの年齢に合ったおすすめおもちゃのご紹介をします。誕生日、出産祝い、年末年始おすすめおもちゃ、甥っこちゃん姪っこちゃんへのお土産など、おもちゃコンサルタントのミーナになんでもご質問くださいね。

注文もお受けします。振込用紙をつけて小樽キンダーリープさんよりご希望によってクリスマスプレゼント包装をして発送をします。

日時:12月1日(木) 10:00~12:00
場所:ミーナ自宅 西区琴似(お申込みの際に詳しくお知らせします)
参加費:1500円(HOCORUハーブティー、ラトリエ・ボン・デュースのお菓子付)

お申込みはこちら
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P60380809

楽しい時間を一緒に過ごしましょう。皆様のお申込みをお待ちしています。



| 赤ちゃん木育広場・木育寺子屋 | 12:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4月の赤ちゃん木育広場・木育寺子屋
 こんにちは。ミーナです。

春休みが終わり、我が家の次男もピカピカの1年生。張り切って小学校に通っています。

今年度最初の木育広場に来てくれたのは同じ学年のふたり。



参加が少なかったのでお茶会のように会話しながらゆっくり遊びました。この日はおやつを担当してくれているラトリエ・ボン・デュースの古瀬さんもいて、おしゃべりもはずみました。

いちごソースのかかったパンナコッタは好評。色もとってもきれいでした。



<参加された方の感想です>

もともと木のおもちゃは「ただ好き」というだけで集めていたのですが、今日いろいろと"木育"について知ることができて、もっと興味が出てきました。電子のおもちゃを早くから覚えてほしくないという親の想いもあり、これからますます木のおもちゃを集めて遊びを深めたいと思います。北海道のおもちゃについても知れてよかったです。


お昼になるとまだ給食のはじまらない次男が帰宅。みんなとさよならしたあと、おもちゃコンサルタント仲間が次の木育広場のためにおもちゃセットを取りに来て、次男と木の人形作りを一緒にしてくれました。



作ったもので遊べるのがいいところ。私も一体作ったので、ごっこ遊びに活躍しています。

5月は赤ちゃん木育広場・木育寺子屋はお休みします。
ベビマ&チャイマparty、パン教室は開催します。
| 赤ちゃん木育広場・木育寺子屋 | 11:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
3月 赤ちゃん木育広場・木育寺子屋
 こんにちは。ミーナです。

次男の卒園の日が刻々と近づいています。年長の親は毎年たいこをたたくので毎日たいこの練習。
腕が筋肉痛です・・・。

卒園式はこれまでのリズム運動の集大成。年長になると側転をしたり、跳び箱(6段軽々!!)をしたり、縄跳びをしたり、日々目覚ましい成長の姿が見られます。

奥の水色のTシャツが次男です。



ポラーノ近くのこども図書館、「ふきのとう文庫」にひんぱんに顔を出せるのもあと少しかも。と、思うと読書大好き長男も一緒に来たりして。

私が本を選んでいる間にも1冊読み終える速読派。寄れる時間が15分だとしても寄りたい!!駆け足で選びました。新しい絵本があると寝る前の絵本タイムが充実するんです。

最近は8時就寝を目指し、7時半には布団なので絵本は3冊が多いです。腕だけでなくのども痛い!



さて、そんな毎日の中今日は木育広場・木育寺子屋でした。朝は忙しい。「ちょっと手伝って〜」とお願いすると、おもちゃの組み立ても名札づくりも頼りになる人が!!



今日の参加はママが6人、子どもも6人。ちょっと警戒気味に入ってきてもおもちゃで遊びはじめると雰囲気も和みます。

次々新しいおもちゃが気になるもうすぐ1歳の女の子。何をしてもかわいい!



今回は違う種類の木を使った「オークビレッジ」の木琴が人気でした。いい音するんです。



今日のおやつはほうれん草のマフィン。しっとりしていておいしかったです。



<参加された方の感想です>

子どもより私が楽しんでしまいました。木のおもちゃはとっても手触りがよく、あたたかみがあって、ぜひ子どものために購入しようと思いました。

久しぶりの木育広場でしたが新たなおもちゃもあり、依然とはまた違った子どもの反応も見ることができて楽しかったです。


次回は4月8日(金)です。興味のある方は遊びに来てくださいね。

詳細・申込みはこちら

http://happymina.com/living.html#mokuiku


| 赤ちゃん木育広場・木育寺子屋 | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2月の赤ちゃん木育広場・木育寺子屋
 こんにちは。ミーナです。
もうすぐ次男が卒園です。5年間のお弁当生活もついにあと1ヶ月を切りました。最近はお友達が自分でおにぎりを作ったと聞いてお弁当のおにぎりを自分で作ったりしています。ボール形で食べやすいです。



先日2月の赤ちゃん木育広場・木育寺子屋を開催しました。初対面でも和やかに会話が弾みます。



いつも親子で遊ぶ中でお話をさせてもらうスタイル。よくその状況の中で話せるね?!!と言われたりするのですが、ピアノを弾きながら歌を歌いながら、よそ見してる子を注意するのが保育士。職業柄慣れております。子どもたちに忙しくてちゃんと聞いていないようでいて、意外とみんな聞いてくれているのです。



講座中にどんどん子どもたちがおもちゃを持って行ってしまうので進行中断もしばしば。でも負けてはいられません。そんな時はつかまえます!!!



長野の山の中で作られた木琴。ひとつひとつ違う木を使っているのにきれいなドレミファソラシドが出ます。このおもちゃは北海道グッド・トイ委員会のもの。



最後はお楽しみのおやつタイム。ラトリエ・ボン・デュースさんのケーキはいつも人気。今回はいちごの入ったロールケーキでした。おいしかった〜。



次回の赤ちゃん木育広場・木育寺子屋は3月9日(水)です。


| 赤ちゃん木育広場・木育寺子屋 | 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
木育講座in黒松内
 こんにちは。ミーナです。

次男の通う幼稚園「ポラーノ」で一緒だったお父さんが家族で黒松内に移住することになり、「黒松内での街づくりに参加したい、ぜひ木育広場をやってほしい」と声をかけてくれたのが9月。

申請が通り、これから東京へ研修を受けに行き、セットが届く、という時でした。

黒松内町の教育委員会主催で、チラシを作り、打ち合わせを進め、あっという間に迎えた当日。「昨日まで大丈夫だったのに」朝から、札幌から雪でした・・・。

熟考の末、朝9時黒松内着なので、安全のため、距離が長いのは承知のうえで高速で向かうことに。
新品の冬タイヤで凍結、乾燥、雪道、それぞれを走りきりました。188キロ!!

最後の休憩、噴火湾あたりはすっかり雪景色。「寒ぅっ!!!」と叫びましたよ〜(誰もいないし)。



黒松内道の駅隣にある会館。普段はカラオケ大会で親睦を深めているというホールです。並べるそばから子どもたちが近づいてきて遊んでいきます。



託児ありの講座。たたみのお部屋でこちらも持参した木のおもちゃでママたちを待ちます。



講座では実際に遊び方を紹介しながら、シンプルな木のおもちゃで育つ子どもの心や発達についてお話していきます。



参加は大人で30人くらい。親子だけでなく、近所の方も参加してくださって、みなさんうなづきながら真剣に聞いてくれていました。



低いテーブルで講座していると時々子どもたちがやって来ます。そんなときはちょっとお手伝いしてもらったり、一緒に遊んでみながら進めています。お手伝いをお願いされて、ちょっと緊張気味?!でも上手にやってくれました。



講座後はお子さんをお迎えして遊びタイム。磁石でくっついて虫が出てくる「ひっつき虫」はどこでも人気。



銭函「木の店AU・AU」さんの「コロコロ」はぴったりサイズの子どもたちがたくさん遊んでくれてました。



自分でやりたい!気持ちの年齢ですね。何度もチャレンジしていいトンネルできてました。



そのままでは遊び方がわからない積み木も、ちょっと積んでみせると「やりたい!」と思うのは大人も同じ。まず大人が楽しむこと、大事です。ステキなご家族でした。



講座後はみなさんと一緒に遊びに入っておもちゃの説明をしたり、黒松内の様子をお聞きしたり。

その中で一番印象的だったのが、「お子さんが何歳の時からこういう活動を始めたんですか?」という質問でした。

お話を聞いてみると、今幼稚園前の男の子ふたりの子育て中。自分が結婚前にしていたやりたいことがあって、ようやく少しづつやっているのだけど、この子たちを置いてでかけていいんだろうか?という葛藤でした。

私は子どもたちが4歳と1歳のときに活動をはじめ、よさこいもはじめ、長男の幼稚園送迎がはじまり、と環境が大きく変わった1年でした。何度も「これでいいんだろうか」「ごめんね」と思っていたのを思い出しました。

そんな時期にずっと心に留めていた言葉、「子どもたちにごめんねと言うと、子どもたちも自分のためにママが我慢してると思う。ありがとうって言うといい」と聞いてそうしてきました。だから、質問にもそうお話しました。

そして、自分がしていることはおもちゃを伝えるだけでなく、子育てそのもの、自分のあり方そのものも大切なのかな、と感じたのでした。

終了後は道の駅の中にあるおいしいピザをいただきました。天然酵母使用。注文してから焼き上げてくれます。



おいしかった〜!!!



道の駅はとってもきれいで、おいしいものがいっぱい。パン屋さんも人気があるそうです。私は待っていてくれる子どもたちや協力してくれた家族に、食パン、豆腐、ワイン、日本酒、クッキーをお土産に購入。濃厚なソフトクリームを食べました。何もかもおいしい!!


 <参加された方の感想です>

*木のおもちゃにたくさん触れることができて、子供も喜んで遊んでいました。「木育」という言葉をはじめて聞きましたが、すてきな言葉だと思いました。

*たくさんの木のおもちゃに触れられて参考になりました。遊び方を教えて頂けたので、親しみやすかったです。是非、また来て頂きたいです。

*自然の中に暮らしながらなかなか「木」というものとかかわっていないのが現実。「おもちゃ」というものから子供と共に触れていけるのはステキなことですね。

*大人も興味を持って遊べる楽しい木のオモチャの数々。説明を聞くとより一層木のおもちゃの魅力がわかりました。

*木のおもちゃの種類がたくさんあり、子ども達も楽しく遊んでいるのを見て、購入したくなりました。可愛いおもちゃに触れて楽しかったです。ありがとうございました。また来てください!


黒松内のみなさんにまた再会したいです。きっとその時にはママも子どもたちも成長していて、私もいまよりいいお話できるようになっていたら嬉しいなと思ってます!


| 赤ちゃん木育広場・木育寺子屋 | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
11月・赤ちゃん木育広場
 こんにちは。ミーナです。

2回目の赤ちゃん木育広場・寺子屋は9名のママと子どもたちでにぎやかにはじまりました。




赤ちゃんへの取材?!かわいい。手前の木琴は長野県の「オークビレッジ」のもの。12種類の木を使っています。優しい音がします。



ドイツの「シロフォンの玉の塔」。1歳ちゃんが何度も何度も玉を入れていました。これ、普段我が家では玄関においてあって、3年生の男の子が、朝長男を迎えに来てくれるときに必ず遊んでいってます。



<参加された方の感想です>

こんなに沢山の木のおもちゃに囲まれてとても幸せな時間でした。作っている方の優しさが伝わってくる感じでいやされました。

まだまだ知らないすてきなおもちゃに出会えて感激でした。

子どもがどんなおもちゃに強く興味を持つのかがわかり、今後の参考になりました。子ども共々楽しめ、おいしいケーキも食べられてとてもよかったです。

子どもも私(ママ)も楽しい時間を過ごせました。木のおもちゃはなんだか暖かく心が不思議と和みますね。

12月の赤ちゃん木育広場・木育寺子屋は12/21(火)です。

申込みはこちらから
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P60380809

よかったら遊びに来てくださいね!
| 赤ちゃん木育広場・木育寺子屋 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
初・赤ちゃん木育広場・木育寺子屋
 こんにちは。ミーナです。

9月より林野庁補助事業の「赤ちゃん木育広場・木育寺子屋」が全国50箇所で開催されています。北海道グッド・トイ委員会も「やりたいです!」と書類を申請して通ったので、9月中旬に東京に説明会に行ってきました。

東京おもちゃ美術館は新宿区四谷の、廃校になった小学校を利用しています。私が行くのはだいたい会議で1日中話し合いをしていて休憩中におもちゃを買いに行く感じですが、子どもたちを連れて行くと1日中飽きることなく遊んでいます。

木がたっぷり使われていて気持ちがいい。国内の職人さんによって作られています。出たり入ったりするだけで子どもたちは大喜び。もちろん木の砂場も常設です。



手作りおもちゃのお部屋で作ることができたり、ゲームコーナーでボードゲームをしたり、科学おもちゃコーナーでいつまでも見ていたり、とっても楽しいので東京に行く機会のある方はぜひ行ってみてくださいね。

東京おもちゃ美術館
http://www.goodtoy.org/ttm/

さて、木育は北海道生まれの言葉。子育て・環境・文化・交流をキーワードに子どもと木の関わりを通して豊かな心をはぐくむことを大切にしています。

というわけで東京での講師はKEM工房の煙山康子さん。木育ファミリーの代表をされています。

KEM工房
http://www.h3.dion.ne.jp/~kem/

大好きな木のたまご。いろんな種類の木で作られていて、重さも色も香りも違う。気持ちいい!!



木の板をルーペで見ると模様がそれぞれでおもしろい。



保育園勤務の時にKEM工房のおもちゃがあったこともあり、以前から知っていたり、子どもたちが小さい時にママサークルの取材で工房におじゃましたことがありました。

「これは今回絶対お声をかけなければ!!」ということで札幌に戻ってからのお約束をしました。「何年か前に工房に来たわよね」と覚えていてくださいました。嬉しい!

自宅玄関でドアを開ける時にカラコロ鳴ってる木のチャイムは、ママサークルのみんなが2005年に新築祝いに送ってくれたKEM工房の作品です。

というわけでこちらはKEM工房です!木の作品がいっぱい。千歳空港にも常設で販売されています。



我が家におもちゃ美術館からおもちゃのセットが届いたのはちょうどパン教室の日。大きな荷物を見て喜んであけてくれました!



中に入っていたのは・・・

富良野のスタジオノートさんの「くるくるサンサンカー」動かすとビー玉が動いて音がします。2010年のグッド・トイ大賞受賞で林野庁長官賞の作品。



こまーむさんのどんぐりころころ。かわいい動きで大人にも人気!



でんぐりがえしする「くるりんカー」



などなど16点。

さて、木育広場に向けて準備をしていると「木育の玉手箱」セットに入っているルーペで真剣に木と触れ合う息子たち。小3の長男はセットのルーペだけでなく、マイルーペも準備。倍率が違うから見比べていました。



次男は積み木。「かえるのアクロバチック」で、2段のかごめかごめを作っていました。以前に作っていたのは「かえるの胴上げ」。集まったかえるの上に1匹乗っていたのでした。物語がありますね~。



こちらは忍者。けっこう左右対称意識するんです。



木育広場当日は6名の参加+朝になっておふたりお申込みがあり、最後のおひとりは次回にお願いしました。心苦しかったです・・・。

お話したり、遊んだり、おやつを食べたり、しているうちに当日の写真はおやつしかなかった!!!!



ラトリエ・ボン・デュースさんの10月のレッスン(私も参加して楽しかった!!)の「モンブランロール」。
手作りの栗の渋皮煮を使った贅沢なケーキ。おいしかった〜。11月のレッスンはスポンジケーキですが、既に満席とのこと!興味のある方はぜひ12月のレッスンをチェックしてみてくださいね。山の手のご自宅で子連れOKのお菓子教室を主宰されています。

ラトリエ・ボン・デュース
http://bondouce.sakura.ne.jp/index.html

<参加された方の感想>

ゆっくりおもちゃで遊べたり、おいしいおやつの時間をもてて、とても楽しかったです。ありがとうございました。

今日はどうもありがとうございました。広い家で少人数でとても楽しかったです。とても気分転換になりました。

いろいろな木のおもちゃを体験できて子どもに何を与えたらいいのか参考になりました。あとケーキがとても美味しくてまた食べたいです。

たくさん木のおもちゃに触れることができて娘もにこにこでした。また遊びに来ます。

次回の赤ちゃん木育広場・木育寺子屋は11月10日(水)です。もちろんハーブティーとラトリエ・ボン・デュースさんのお菓子付です。おしゃべりしたりお茶したり、一緒に楽しみましょう。ご参加お待ちしています。

申込みはこちら

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P20737991

| 赤ちゃん木育広場・木育寺子屋 | 06:31 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH