出張託児報告  〜子どもたちとの関係づくり〜

 こんにちは。きくちです。
今日は近くの小学校のPTAより依頼を受け、出張託児に行ってきました!

上のお子さんが小学生とあって、普段に比べちょっと年齢の高い2歳〜4歳が多く、持って行くおもちゃや絵本も工夫して準備しました。お子さんを預けるのははじめてという方が多かったのですが、おもちゃやスタッフの声かけでスムーズに遊びに入ることができました。

でもやっぱりちょっと寂しい・・・・。ママを思い出して泣いてしまった子もいて、抱っこもしました。
同じ泣いているお子さんもタイプは様々。「ママのとこ行く〜!!」と泣き叫んでいたり、静かに抱っこされてしくしくしていたり。感情の表現ってひとりひとり違います。

中には頑張って我慢して、ぽろりと涙を流すお子さんもいます。そんな時はどのスタッフも「我慢しないで泣いていいんだよ。抱っこする?」と手を差し出します。抱っこされるとちょっと安心してくれて、それがまたかわいい。そして年齢によっても違うけれど、抱っこされてほっとして眠ったり、「ここは大丈夫」と思うとちゃんとひざから降りて遊び出せるんです。

時間が経つにつれ緊張していた空気がほぐれ、大人とこども、子どもどうしの関係が変わっていくのがわかります。託児はたいてい1度だけのメンバー。でもしっかりとつながりって作られているんです。


泣いている子にも、もちろん普段の楽しい遊びにも人気抜群のレナ社のモザイク。泣いていたことも忘れ、夢中になっています。




後半になり、慣れてきたら今日は4歳メンバーでゲームタイム。
「いそいでさがそう」は我が家でも登場回数が多く、リクエストが多いもの。
サイコロを振って出た絵と同じ木のカードを早い者勝ちで取っていきます。
途中思わず「は〜、ドキドキする!」と言いながらやっている子もいました。



次は「いろがごちゃまぜ」。こちらも早い者勝ちのゲーム。同じ色あわせのものを早く探した人がカードをもらえる、というルール。頭をつき合わせて本気の勝負!!



4歳の男の子ふたりとわいわいやっていたら、もうひとりの4歳くんも興味津々に近づいてきました。
3人になるとじゃんけんしたり、「1回づつだよ」とお互いに声をかけあったり、短時間でもしっかりと仲間意識が生まれ、自分たちで新しい遊びを考え出したりもして、「子どもってすごいな〜」と改めて感じました。

初対面でもすぐに仲良くなれるのがボードゲーム・カードゲームのいいところ!子どもたちのこの遊ぶ力をママたちにも見せてあげたかったな、と思いました。

楽しかった時間を共有できた充実感は子どもたちも一緒。「また来るね〜」とにこにこと手を振ってくれるのが嬉しかったです。

次はどんなお子さんに会えるのでしょう。託児は保育士として毎日同じお子さんと関わる喜びとはまた違った出会いと学びの日々です。

| 託児 | 21:38 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ヨガ教室 託児の様子〜。

今日は、ヨガ教室の日でした。

託児室は、今日は大賑わい!!
さすが、年明け1回目は欠席者ゼロです。

今日から、新しいお友達も二人増えて、ますますにぎやかになりました。



大きい子たちは、いろんなことにチャレンジしますよ〜。
今日は、ブロックをどれだけ高くつめるかに挑戦です



長く通ってくれてるお子さんは、すっかり慣れて、笑顔でママとバイバイできるようになり元気に楽しく過ごしてくれています。今では、後輩が泣いていると、先輩が慰めるという!!そんな場面も見られます。



ヨガが終わったら、エルプラザのロビーでお昼ご飯を食べる参加者の方もいらっしゃいますよ。中には、札幌駅でぷらぷらしたり、どこかでランチをされる方もいるようです。楽しそうですね♪

| 託児 | 21:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH